給料を上げるために、どうして新しい仕事を見つけなくていけないのか?

スロベニアに、多分ヨーロッパ全体にも、そんな変なことは普通だよ。会社は会社員は給料を上げる時に、そんなに聞いていない。聞いて欲しいなら、他の会社を受けてできる仕事の証拠が必要だ。

友人は今その為に会社を申し込む。

短い時間を考えるだけなら、経済的には、それは意味がある。人は同じ給料は働きたいなら、もっと高いを払うなら、金を無駄遣いだけだ。

でもそれは短い時間だけだ。

私、先週で、1:1会議があった。そんな会議は一月一度上司と話す。そんな会議で、私の給料を話した。何ヶ月前に、私の会社は各仕事で給料の上と下のリミットを発表した。私の給料はその下に届けない。そして今月でその下の上で上がった。

私はどうでもいい、それも伝えた。けど、私の上司はそれはフェアじゃないだから、自分のためにやらせた(大変だと聞いただけ)。そしてそんな「どうでもいい」判断は他の人と違って、変ですよ。

他に人はそれを見ているなら、フェアじゃない、他の仕事を探すかも知れない。少なくとも、反応はんし普通で働かない。

そんな人達は、周りの人の給料を見て、他の仕事も探すよの。

そんな申し込むの演技は時間を使われたくない。そんな時間には意味があるなのか?世界とか私の生活はこれが上がるのか?無駄時間を使われるだけだ。金の為だけそんな事を。。。

会社には長い時間に考えるなら、そんな良い取引ではないよ。

一番の理由は会社員の時間と会社の金は使わなければならない。人の探すのはそれしかないだよ。

でももっと大事な理由は知識と想像力だ。

今日、私は経済大学に従業を聞いていた。タイトルはThe strategic value and challenges of configurational meta-knowledge in creative industries.

新しい料理を想像を兼kずうしてきたけど、想像力の必要な仕事に使えできるイデアがあった。

想像力の為に、一番大事なものは組織の感覚だ。それはその組織にどんな料理はいいのか、悪いのか、の判断だ。料理は他の場所でいいとでも、その場所にも悪いかも知れない。想像は場所と時間と関わる人と考えるだけに、良いとか悪いとか判断出来る。

だからそんな勘をを与えるまでに、良い新作は多作らない。

試すにはいいよ。そんな方法でその勘を育てる事が出来る。組織に長い時間の間の人の判断を聞いては必用だけど。それは組織に似合いとか似合わないとか学んでことが出来る。

それは何ヶ月に時間がかかる。それは新しいの仕事を学んだ後の話だ。

そんな勘があるなら、良い新作は知識(料理の味からどんなものは入るは判断出来る)と技(料理の作り方:焼きとかふかすとか。。。)の問題だ。

良い人を見つけるなら、そんな育てるには支払いは必用ないのは確かに。けど、皆はそう思ったなら、新しい人は始まれることが出来ない。だたか、人は足りないで、給料は高いになる。

プログラマーには、それはもう見える。新しいには誰は育てることは欲しくない。仕事は変わるんですから、時間は初心者には使えたくない。皆は上手の者が欲しい。育てるには必用ないから。だから、給料はそんなに高くだよ。

でも話なら、それは見ていないとか、それは大問題がしているでも、どうするとか知らないだけか。

仕事は金のために変わる事は必要にならないなら、そんな上の問題にも少しでも解決ことが出来る?