本: 本好きの下剋上2

本好きの下剋上の二代目の本が終わった。

本好きはそんならくで読む出来るだて、助かった。読むときのもほんとに楽しんでるしていた。私の日本語を読むスキルは上がることが出来る、そして同時に楽しんでることも出来る。

この本はまだアニメがも見せた部分だ。それは紙を作る始めたからとマインは倒れていた時まで。

驚いた部分にもある。アニメには「俺のマインでいい」時から、ルッツとマインはマインは実話他の世界の人と無視していると思った。でも、本にはそんな前を世界はルッツとよく話した。

マインはフリーダはそんなに苦手にも思ってなかった。普通警戒じゃないマインはフリーダに警戒やりすぎる。他のものに警戒してくださいと伝いたいんだ。

エンドに付けた話にも面白いんだ。

一つの話はオットは結婚したかった時の話だった。ギルド長の恨みはそんな長い間とはね。ギルド長の家族の一人にはコリンナと結婚したかった。でもそのうちコリンナは自分の家族の店に諦めるこのしかないの条件にはね。ベンノはコリンナは成人になる時だけに預かった。

オットはその時にもコリンナと結婚したかった。ギルド長の家族一人に断るにしたら、この街の他の商人はコリンナと結婚しない。オットはもそんな街の市民系を買った、兵士の仕事を見つけた。だからコリンナは「成人になるまで結婚に必要のお金を貯めて、結婚いい」と言った。そしてそんな判断は正しいとマルクは認められた。

オットに兵士の仕事を与えたのはギュンターとはね。それも驚きました。

もう一つに話はマインの近所の話だ。カルラはルッツてそうんな信頼がないと思えなかった。自分のお母さなよりもマインのお母さんエーファがルッツのいいところにも見えることが出来る。

でも後は昔のギュンターの話を聞いた。ギュンターは旅にしたかった、騎士になりたかった、色々の変なところにもあった。エーファには他の人にも結婚したかったですけど、騎士みたいに討伐にした、エーファとエーファに作りたい家族に護りたいギュンターに選んだ。そんな二人は自分のマインだけじゃなくて、ルッツのいいところを見せた。

だからマインにはそんないい家族になっただと思い。昔のマインにもちょっと聞いた。昔のマインよく泣いてよい子供だ。でも一番嬉しいそうのは夢の世界を話した時らしい。そん変な世界はお母さんはよく話した。そしてその話はなくなった時はマインは泣いてもなかった、変な動きが始めた。ていうか、それはマインの前の世界の記憶はいまのマインの記憶より強くなっただと思い。

だからマインはルッツと言った通り「マインじゃない」じゃなくて、マインはマインだ。転生は生まれたときで、あの瞬間は前の世界の記憶は強くなった。だからマインじゃなくて、うらのだの自身があった。でもうらのとマインは同じ人だ。

次の本でどうしてマインはうらのの記録があるで説明してくれるのか?