Blog of Sara Jakša

銀時の絆 第一 銀時の昔の病気 [Gintama Fanfiction]

新八は万屋に入った時でもう昼だ。珍しくけど、昨日の戦いは何時もっと長くなった。 神楽と銀時はまだ眠った。彼は始めて神楽を叩き起こした。銀時は昨日ちょっと熱があった、長い眠りは直すかも。彼らは医者の金が無かったから。 「腹が減った。」と神楽は言った。「朝ご飯は?」 「今のはもう昼ご飯の時間だ。」と新八が答えた。「銀時は?」 「昨日熱が止まらなかった、早く寝よと言った。」と神楽が言った。「明日は直すと銀時が言った。」 神楽は酢昆布を食べた。新八は銀時の部屋に入った。やっぱり銀時はまだ寝た。新八は彼のそばで言った。「銀さん、起き…」 銀時の手は新八の喉を捕まえた。新八は息を引けなかった。 「君、だれ?」と銀時は聞いた。彼の目は真剣に見える。普通の優しさはあそこが無かった。彼は新八に見た、それとも離れた。 新八はあそこで残った、息は元に戻ると待っていた。後で銀時の顔で見た。でもまだあそこにいる。銀時の見てない顔。「銀さん?」と聞いた。「覚えてないのか?」 銀時の目が細くした。 「旦那?いるなのか?」と総悟の声が入口からきた。「チャイナか?旦那がいるか?」 新八は彼らの話を聞いてなかった。銀時が聞いたで、目が部屋に映った、木刀を取った、立ってた。彼の体はまるで戦いの前だ。でもなぜ?何があった?どうして銀さんはこんな感じで… 銀時は隣に部屋に 入った。 「旦那、ここにいるなのか。」と総悟が言った、定春は今総悟の頭に付いた。神楽は側に笑った。銀時は皆の顔を見た、何も言ってなかった。 総悟と神楽の顔は変わった。神楽は心配な顔で銀時の側に来た、でも一瞬で二つの剣が動いた。銀時の木刀は神楽の首で、それとも総悟の剣はこれで止まった。 神楽は怖い顔で銀時を見た。「銀ちゃん?」と言った。動いていなかった。 総悟は本気になった。「旦那。冗談を止めて。じゃないと…」 「なに?私を斬る?」と銀時は言った。「無理だ。」 「それは見たいですけど。」と玄関から言葉が来た。「でも彼らは貴方と殺したくない。」 玄関に立ってたのは高杉だ。彼の後ろはまた子が銃を彼らに見当した。 また子と違って、高杉は冷静にパイプで吸った。 銀時は侵入者に見た。「高杉?本当に高杉?」後でちょっとだけ緩んだ。木刀は神楽の首から取り除いた。「いったい何があった?」 「こっちが聞きたかったけど、もう必要ない。」と高杉が言った、近づいていた。高杉が含み笑った。「もう気づいていた?」 刀、傘と木刀は高杉に止まった、また子は高杉の前に行った、彼らに銃を頭に狙った。 銀時は目を覚めた、何か考えるとみていた。 高杉は三人で言った「私達はここで戦いなら、銀時は元に戻らない。」 「銀時を元に戻れるできる?」と神楽が言った。 「どうして私達はあんたに信じなきゃいけない?」と新八が聞いた。 「テロリストで信じない。」と総悟が言った、バズーカで高杉が狙う。「逮捕の後で楽しみだ。」 「晋助様に手を出すな。」とまた子が言った。 銀時は目を覚めた。自分の体を見た。右の肩に赤い分がある。その赤いの隣に変な文字があった。銀時はため息をついた。「その毒が嫌いだ。」 皆はあれを見た。高杉だけが笑った。 銀時情報を見た。高杉の顔を見た。「やれ。」他の人と見た「邪魔をするな。」 高杉が一瞬で刀を抜いた、銀時の右の肩を切った、それとも銀時の喉を掴んだ。 「銀さん!」「銀ちゃん!」と二つの声が聞いた。 銀時は高杉の肩を捕まった、離せなかった。彼の体は身震いた。長い十秒後で、銀時の体が垂れた。 高杉は離れる始めたでも、銀時の腕は止まった。 高杉は動いてなかった、待った。 「どうして?」と銀時は聞いた。彼の顔は誰も見せてできなかった。 「眠るできなかっただけだ。」と高杉は言った。銀時は上に見た、皆は彼の顔でパニックでみてできた。 一瞬の後で消えた、銀時の普通の顔で見た。「すみません。」 「また子、帰るぞ。」と高杉が言った、歩く始めた。 「はい、晋助様。」 「また子ですね?」と銀時は聞いた。 高杉とまた子が止まった。また子が彼に見た、それとも彼の顔を見た。「そう言われなくても…」とまた子が言った。 「銀さん?」 「何新八?私の事を心配したのか?」と銀時が言った。 神楽は銀時に抱きしめた。 高杉とまた子は言った、でも総悟は彼らを斬るとと動いた。でもその剣は届く前に銀時は彼らの間に立った。総悟の剣は彼の左手に捕まえた、そして高杉の剣は木刀で止まった。 「ここで戦いなら、自分でお掃除だけ。」と銀時は言った。高杉は自分の刀に鞘に収めた。 総悟は知らない理由で体が動く無かった。 「それとも高杉?今回で有難う。」 高杉とまた子は何も言ってなかった、出てきた。 銀時は総悟の刀に離れた。総悟は今で動けるできると気付いた、高杉の後に辿った。 「銀ちゃん?何があった?」と神楽が聞いた。 「毒のせいで私はちょっとの記憶で失った。でももう戻った。」 彼らに笑顔で見た。銀時は戻った。